機内食で味わう機上のグルメな旅行を紹介。国際線の旅客機に乗ると機内食が楽しみです。機内食、国際空港、各航空会社の自慢の飛行機なども紹介します。

機内食や空港ほか航空会社の紹介

『機内食~機上のグルメ旅』のサイトへようこそ!
当サイトは、機内食の紹介目的として作成しました。機内食以外にも航空関連の空港や航空会社、キャビンクルーなどの情報も随時紹介してまいります。これから海外に旅行するという場合の情報収集などにぜひ、ご利用ください。

機内食写真の募集
機内食の写真なども募集しております。
>>> 機内食写真の募集のお願い。
ご応募お待ちしております。
◆機内食、航空会社情報
SKYTRAX社(スカイトラックス)によるエアライン評価
メニューにない特別な機内食がある
世界の航空会社のコード
>>続きを読む
◆韓国の航空会社
アシアナ航空機内食(済州島⇒福岡)軽食
アシアナ航空機内食(福岡⇒済州島)軽食
アシアナ航空機内食(ソウル⇒福岡)
アシアナ航空機内食(福岡⇒ソウル)の夕食
エアプサンの機内食(福岡⇔プサン)
済州航空(ソウル⇒福岡)機内食軽食
済州航空(福岡⇒ソウル)機内食軽食
ティーウェイ(tway)航空機内食 (福岡⇔ソウル)
>>続きを読む
スポンサードリンク
◆香港の航空会社
キャセイ航空機内食(台北⇒福岡)夕食
キャセイ航空機内食(香港⇒台北)軽食
キャセイ航空機内食(ペナン⇒香港)朝食
キャセイ航空機内食(福岡⇒台北)昼食
キャセイ航空機内食(台北⇔香港)軽食
>>続きを読む
スポンサードリンク
◆中国の航空会社
中国国際航空機内食(上海⇒福岡)昼食
中国国際航空機内食(福岡⇒上海)軽食
中国南方航空機内食(広州⇒福岡)昼食
中国南方航空機内食(福岡⇒広州)夕食
>>続きを読む
◆東南アジアの航空会社
シンガポール航空(シンガポール⇒福岡)朝食
シンガポール航空(デンパサール⇒シンガポール)夕食
シンガポール航空(福岡⇒シンガポール)昼食
シンガポール航空(シンガポール⇒デンパサール)
シンガポール航空~シンガポールスリング
ベトナム航空(福岡⇒ホーチミン)機内食 昼食
ベトナム航空の歴史
>>続きを読む
◆台湾の航空会社
中華航空(福岡⇒台北)機内食特別食
中華航空(福岡⇒台北)機内食/昼食
中華航空(台北⇒香港)機内食特別食
中華航空(台北⇒香港)機内食/軽食
エバー航空機内食(台北⇒福岡)朝食
エバー航空(福岡⇒台北)機内食/昼食
>>続きを読む



>>> 海外への格安航空券予約はこちらから

機内食、空港、航空会社、航空機などの情報

アシアナ航空 ソウル(仁川)⇒福岡 OZ136 ビジネスC

帰路もビジネスクラスですが、いきとは背追尾が大きくことなりすくなからずがっかりでした。

日付 ;2016.6.22
Flight ; OZ-136
ソウル発 ;17:55
福岡着  ;19:00

ソウルからの帰路は行きの便より小さい飛行機だったため、ビジネスクラスのシートも近距離用の簡単なものでした。これが普通ですからは近距離ということもあり仕方ありません。

17時55分仁川発なので時間帯としてはディナーなのですが、飛行時間があまりに短いため、機内食はお弁当的な簡単なものでした。

まずウエルカムドリンク(水かジュース)がサービスされますが、ビジネスクラスの座席エリアを後方のエコノミー客がぞろぞろと通過されるので、ザワザワしてあまり落ち着けません。

離陸後まもなく食事のサービス開始。行きと同様種類は1種のみで選べません。
座席のテーブルをセットして、男性のCAさんがテーブルクロス(ナフキン)を敷いてくれます。

飲み物はノンアルコール飲料、ビール、ワインの他ににコリアンライスワイン(マッコリ)も選べます。どんなマッコリか興味があってマッコリジュセヨ〜とお願いしました。

グラスに入った乳白色の液体、これがマッコリ↓→かすかに微発泡でさわやか。お食事に合うかどうかは少し疑問ですが、韓国らしさが楽しめますね。

ソウル発日本行きなので食事は和風テイストの幕の内弁当です。
お弁当プラス汁物で豆腐とわかめの味噌汁付き。
味噌汁は陶器ですが、お弁当はプラスチックの容器で、トレーに載せて一人分ずつサービス。

【ビジネスクラス機内食 アシアナ ソウル(仁川)〜福岡 OZ136】

ご飯は3種類の炊き込みご飯で、メニューには栄養おにぎりと記載。こんもり丸く盛りつけているのでおにぎりと言えなくはないのですが、ぎゅっと握ったいわゆるおにぎりとは異なります。
アルミカップに3種盛り合わせの炊き込みご飯は、ちょっと薄味。日本のようにご飯に味をつけるという感覚が無いのか、素材そのものを生かす炊き込みご飯ですね。
豆や野菜の具材が体に良さそうです。

メインのおかずは銀たらの塩焼き、スモークチキン。こちらは和風の味付けでお弁当の定番おかず。冷めても美味しい料理という事でしょうか。
れんこんや椎茸の焼き物などの野菜料理もバランスよく入っています。

デザートとしてフルーツ。特にケーキなどのスイーツはありませんでした。
フライト時間が長ければ、食後のデザートをコーヒーとともにゆっくり楽しめるのでしょうが、なにしろ時間との戦い。そんな暇は無いですね。あっという間に着陸時間だし。。

食後のお茶の頃、折悪く飛行機がかなり揺れて、お茶が波打って溢れるほどでした。
残念ながら、安全のためコーヒーやお茶などの飲み物はすぐに片付けられてしまいました。
梅雨時で日本は大雨のようでしたが、ソウルは曇り程度で、傘は不要でした。
久しぶりの韓国を満喫し、満足満足。

アシアナ航空 福岡→ソウル(仁川) OZ131 ビジネスC(福岡⇔ ソウル)軽食 夕食 

今回久しぶりにビジネスクラスに乗ることができ、以前と設備も大きくことなり正直驚いています。

日付 ;2016.6.21
Flight ; OZ-131
ソウル発 ;11:30
福岡着  ;12:50

ソウル便のビジネス席は通常、エコノミークラスの前方10席程度で、シートの広さもエコノミーよりやや広いかなという程度なのですが、この日は長距離便並のすごい設備!!

ほぼ個室の独立したシートで、モニター画面はシート奥に見やすい大画面のものが設置。
ゆったりと快適な空間でくつろげます。短時間のフライトなのがもったいない感じです。

【ビジネスクラス アシアナ 福岡~ソウル(仁川) OZ131】

【ビジネスクラス アシアナ 福岡~ソウル(仁川) OZ131】

福岡→仁川は飛行時間も1時間半弱で本当にあっという間ですが、そんな中でもちゃんとした食事がサービスされます。

まず着席時にウエルカムドリンク、ミネラルウォーターかジュースがグラスでサービスされます。
アメニティは機内用スリッパが準備されています。

飛行時間が短いので、離陸後すぐに食事。昼のフライトなので軽めのランチですね。
メニューは選べず一種類のみ。ソウル便は韓国風のお弁当となっています。

【ビジネスクラス機内食 アシアナ 福岡~ソウル(仁川) OZ131】

飲み物はアルコール、ノンアルコール数種類からチョイス。メニューに写真付きで紹介されていた白ワインをお願いしました。
CAさんがわざわざボトルを持ってきて、まずは少量テイスティング。OKであればグラスに注いでくれました。そこまでしてくれなくても~ 恐縮ですって感じです。
おすすめワインだけあって、フルーティで飲みやすく、バランスがとれた良いワインのようです。

お料理は幕の内弁当風に少量ずつ、たくさんのおかずが彩りよく配置。お弁当容器はさすがにプラスチック製ですが、汁物は陶器の器です。

【ビジネスクラス機内食 アシアナ 福岡~ソウル(仁川) OZ131】

笹の葉ご飯、キャベツご飯はそれぞれ葉物でくるんだ小さいおにぎりですが、特に炊き込みご飯のように味はついてませんでした。
メインのおかずはうなぎの蒲焼(小さい一切れ)とトッカルビ。
うなぎはちょっと固かったのですが、今や高級食材ですからね。一切れでもありがたくいただきました。韓国にも鰻を食べる文化があり、蒲焼はほぼ日本と同様の甘辛いタレの味付けです。

トッカルビは牛肉をミンチ状に叩き、平たく整形して焼いたような料理で、普通の焼肉のカルビのようなタレ味。お弁当なので冷めて少し硬いかな~

ツルニンジンのコチュジャン焼き、白キムチなどの野菜類が入っていますが、どれも辛くない!
唐辛子は控えている模様です。

汁物は豆腐のみそ汁(テンジャンチゲ?)が付きます。

デザートはフルーツのみで、特にケーキやアイスなどはありません。
食後はコーヒーか日本茶がサービスされました。お茶を頼みましたが、きちんとソーサー(受け皿)にレースペーパーを敷いて、もちろん陶器のカップでした。

限られた短時間で済ませるため、すごく忙しいのでしょうが、CAさんの手際よさには感服です。
お味の方は、正直言って特別に感動するほどではありませんが、きちんとした機内食を提供する姿勢には拍手です。

アシアナ航空 機内食(福岡⇔ ソウル)軽食 夕食

アシアナ航空機内食(ソウル⇒福岡)のレポートです。

日付 ;2015.6.9
Flight ; OZ-133
福岡発  ;16:20
ソウル着 ;17:40

今回のソウルは久々のアシアナでした。
最近はLCCが多かったので、機内食のサービスがちょっと新鮮で楽しみです。

折からのMERSウイルス騒ぎで、飛行機はガラガラかな?という予想に反して、往復とも搭乗率は70%以上の様子でした。
日本人の乗客はほぼマスク着用でしたが、乗務員の方々はノーマスク(笑) 特にウイルスを気にしている風でもありません。感染についての注意事項のアナウンス等も一切なし。
韓国に対しての悪いイメージが広がらないよう、あえて平静を装っているのでしょうか。。。

短いフライトですが、一応国際線なので往復とも簡単な機内食のサービスがありました。

まず、ソウル行きの便では時間が16時過ぎという事で、おやつ感覚のサンドイッチと飲み物。
バターがたっぷりのデニッシュ生地のパンに、レタス きゅうり ピクルス トマト ハム チーズと具沢山のサンドイッチです。食べやすくカットされて、見た目も美味しそうです。

【 アシアナ航空 機内食 福岡~ソウル(仁川) OZ133】
機内食 アシアナ 福岡~ソウル(仁川) OZ133

ちょうど小腹が空いていたので、完食。お味もまあまあですね。韓国のパンのレベルも最近は侮れません。最初に配られた時には、サンドイッチとともに小さい容器のミネレルウォーターがトレイにのってましたが、飲み物は別途時間をおいて 後ほどのサービスになります。

パンを食べる時には口がぱさついて、何か飲み物が欲しいので 同時にコーヒーも飲みたいところですが、限られた時間のサービスなので贅沢は言えませんね。

リクエストすればビールなどのアルコールも可能ですが、だいたいコーヒー、紅茶、緑茶の中から選びます。あとはオレンジジュースも希望で持ってきてくれます。

飲み物に関しては、まあ可もなく不可もなくという程度でしょうか。
以前乗ったベトナム航空のコーヒーのレベルの高さに驚愕し、機内食でもココまでやれるんだという印象が強いため、機内のコーヒーに関してはまだベトナム航空を越えるものには出会えません。

帰りの便はちょうど夕食時だったので、行きよりはボリュームがありました。
長めのロールパンサンドと、別にトマトソースで和えたマカロニのサラダもついていました。

【 アシアナ航空 機内食 ソウル(仁川) ~福岡 OZ136】
機内食 アシアナ 福岡~ソウル(仁川) OZ136

日付 ;2015.6.11
Flight ; OZ-136
ソウル発 ;17:00
福岡着  ;18:20

パンはホットドッグくらいの長さのロールパンで、具材はコロッケとキャベツ。食べごたえはありますが、味の方はあまりぱっとせず、1/3くらい残してしまいました。
肝心のパンが給食パンみたいでイマイチなんですね。お隣の席の外国人(ヨーロッパ系白人男性)は結構美味しそうに召し上がってましたので、これはあくまで個人の主観です。

マカロニの料理の方も同様なレベルで、アシアナにしては残念な感じです。代わりにフルーツでも良かったかなと思います。

飲み物は行きと同様コーヒー、紅茶、緑茶、ジュース、ビールなどのチョイスでした。コロッケがくどく感じられたので、普段はあまり飲まないジュースをお願いしました。
このオレンジジュースは味が濃くて美味しかった。もしかしたらチェジュ島のみかんかも。

以前は食後すぐに免税品の販売に力を入れていた印象がありましたが、今回はわりとあっさりと声かけ程度で熱心に販売していませんでしたね。

MERS騒動で、若干不安がよぎりましたが、ソウルでマスクをしているのは観光客だけ。
感染者の出ている病院にさえ近づかなければ、それほど恐れる事態ではなさそうです。
とはいえ、今回は直前にキャンセルするのが惜しくて強行したものの、ウイルスが落ちつくまでは当分韓国旅行は控えたほうが賢明なようですね。 

韓国ソウルおいしい旅機内食大好き
【航空会社に関する新着情報】

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0