機内食で味わう機上のグルメな旅行を紹介。国際線の旅客機に乗ると機内食が楽しみです。機内食、国際空港、各航空会社の自慢の飛行機なども紹介します。

機内食や空港ほか航空会社の紹介

『機内食~機上のグルメ旅』のサイトへようこそ!
当サイトは、機内食の紹介目的として作成しました。機内食以外にも航空関連の空港や航空会社、キャビンクルーなどの情報も随時紹介してまいります。これから海外に旅行するという場合の情報収集などにぜひ、ご利用ください。

機内食写真の募集
機内食の写真なども募集しております。
>>> 機内食写真の募集のお願い。
ご応募お待ちしております。
◆機内食、航空会社情報
SKYTRAX社(スカイトラックス)によるエアライン評価
メニューにない特別な機内食がある
世界の航空会社のコード
>>続きを読む
◆韓国の航空会社
アシアナ航空機内食(済州島⇒福岡)軽食
アシアナ航空機内食(福岡⇒済州島)軽食
アシアナ航空機内食(ソウル⇒福岡)
アシアナ航空機内食(福岡⇒ソウル)の夕食
エアプサンの機内食(福岡⇔プサン)
済州航空(ソウル⇒福岡)機内食軽食
済州航空(福岡⇒ソウル)機内食軽食
ティーウェイ(tway)航空機内食 (福岡⇔ソウル)
>>続きを読む
スポンサードリンク
◆香港の航空会社
キャセイ航空機内食(台北⇒福岡)夕食
キャセイ航空機内食(香港⇒台北)軽食
キャセイ航空機内食(ペナン⇒香港)朝食
キャセイ航空機内食(福岡⇒台北)昼食
キャセイ航空機内食(台北⇔香港)軽食
>>続きを読む
スポンサードリンク
◆中国の航空会社
中国国際航空機内食(上海⇒福岡)昼食
中国国際航空機内食(福岡⇒上海)軽食
中国南方航空機内食(広州⇒福岡)昼食
中国南方航空機内食(福岡⇒広州)夕食
>>続きを読む
◆東南アジアの航空会社
シンガポール航空(シンガポール⇒福岡)朝食
シンガポール航空(デンパサール⇒シンガポール)夕食
シンガポール航空(福岡⇒シンガポール)昼食
シンガポール航空(シンガポール⇒デンパサール)
シンガポール航空~シンガポールスリング
ベトナム航空(福岡⇒ホーチミン)機内食 昼食
ベトナム航空の歴史
>>続きを読む
◆台湾の航空会社
中華航空(福岡⇒台北)機内食特別食
中華航空(福岡⇒台北)機内食/昼食
中華航空(台北⇒香港)機内食特別食
中華航空(台北⇒香港)機内食/軽食
エバー航空機内食(台北⇒福岡)朝食
エバー航空(福岡⇒台北)機内食/昼食
>>続きを読む



>>> 海外への格安航空券予約はこちらから

機内食、空港、航空会社、航空機などの情報

アシアナ航空 機内食(福岡⇔ ソウル)軽食 夕食

アシアナ航空機内食(ソウル⇒福岡)のレポートです。

日付 ;2015.6.9
Flight ; OZ-133
福岡発  ;16:20
ソウル着 ;17:40

今回のソウルは久々のアシアナでした。
最近はLCCが多かったので、機内食のサービスがちょっと新鮮で楽しみです。

折からのMERSウイルス騒ぎで、飛行機はガラガラかな?という予想に反して、往復とも搭乗率は70%以上の様子でした。
日本人の乗客はほぼマスク着用でしたが、乗務員の方々はノーマスク(笑) 特にウイルスを気にしている風でもありません。感染についての注意事項のアナウンス等も一切なし。
韓国に対しての悪いイメージが広がらないよう、あえて平静を装っているのでしょうか。。。

短いフライトですが、一応国際線なので往復とも簡単な機内食のサービスがありました。

まず、ソウル行きの便では時間が16時過ぎという事で、おやつ感覚のサンドイッチと飲み物。
バターがたっぷりのデニッシュ生地のパンに、レタス きゅうり ピクルス トマト ハム チーズと具沢山のサンドイッチです。食べやすくカットされて、見た目も美味しそうです。

【 アシアナ航空 機内食 福岡~ソウル(仁川) OZ133】
機内食 アシアナ 福岡~ソウル(仁川) OZ133

ちょうど小腹が空いていたので、完食。お味もまあまあですね。韓国のパンのレベルも最近は侮れません。最初に配られた時には、サンドイッチとともに小さい容器のミネレルウォーターがトレイにのってましたが、飲み物は別途時間をおいて 後ほどのサービスになります。

パンを食べる時には口がぱさついて、何か飲み物が欲しいので 同時にコーヒーも飲みたいところですが、限られた時間のサービスなので贅沢は言えませんね。

リクエストすればビールなどのアルコールも可能ですが、だいたいコーヒー、紅茶、緑茶の中から選びます。あとはオレンジジュースも希望で持ってきてくれます。

飲み物に関しては、まあ可もなく不可もなくという程度でしょうか。
以前乗ったベトナム航空のコーヒーのレベルの高さに驚愕し、機内食でもココまでやれるんだという印象が強いため、機内のコーヒーに関してはまだベトナム航空を越えるものには出会えません。

帰りの便はちょうど夕食時だったので、行きよりはボリュームがありました。
長めのロールパンサンドと、別にトマトソースで和えたマカロニのサラダもついていました。

【 アシアナ航空 機内食 ソウル(仁川) ~福岡 OZ136】
機内食 アシアナ 福岡~ソウル(仁川) OZ136

日付 ;2015.6.11
Flight ; OZ-136
ソウル発 ;17:00
福岡着  ;18:20

パンはホットドッグくらいの長さのロールパンで、具材はコロッケとキャベツ。食べごたえはありますが、味の方はあまりぱっとせず、1/3くらい残してしまいました。
肝心のパンが給食パンみたいでイマイチなんですね。お隣の席の外国人(ヨーロッパ系白人男性)は結構美味しそうに召し上がってましたので、これはあくまで個人の主観です。

マカロニの料理の方も同様なレベルで、アシアナにしては残念な感じです。代わりにフルーツでも良かったかなと思います。

飲み物は行きと同様コーヒー、紅茶、緑茶、ジュース、ビールなどのチョイスでした。コロッケがくどく感じられたので、普段はあまり飲まないジュースをお願いしました。
このオレンジジュースは味が濃くて美味しかった。もしかしたらチェジュ島のみかんかも。

以前は食後すぐに免税品の販売に力を入れていた印象がありましたが、今回はわりとあっさりと声かけ程度で熱心に販売していませんでしたね。

MERS騒動で、若干不安がよぎりましたが、ソウルでマスクをしているのは観光客だけ。
感染者の出ている病院にさえ近づかなければ、それほど恐れる事態ではなさそうです。
とはいえ、今回は直前にキャンセルするのが惜しくて強行したものの、ウイルスが落ちつくまでは当分韓国旅行は控えたほうが賢明なようですね。 

SKYTRAX社(スカイトラックス)によるエアライン評価

SKYTRAX社(イギリスに本拠地をおく航空輸送産業専門のリサーチ会社・1989年創立)が毎年実施する顧客サービスに関する航空会社と国際空港評価の調査結果が発表されています。

この評価の項目はキャビンアテンダント、ラウンジ、機内エンターテイメント設備、機体メンテナンスなど多岐に渡っており、SKYTRAX社独自の調査に加えて、さらに航空会社の乗客からも満足度調査などを行った上で、航空会社の評価を発表していますのでその権威はかなりのものといえます。

注)「エアライン・オブ・ザ・イヤー」には、他にも航空会社や関連メーカといった航空業界での最有力誌「エア・トランスポート・ワールド」が選ぶものもあります。若干順位が異なります。

それによると
2010年はアシアナ航空、
2011年はエミレーツ航空が第1位となりました。


◆ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ
ホテルに5ツ星があるように、航空会社にもランク付けがあります。
エアラインの5ツ星には世界でたった6社しかありません。

SKYTRAX社では世界300社以上の航空会社の品質を1つ星から最高位の5つ星までで評価しており、最高ランクの5つ星に達する航空会社に下記6社が選ばれています。(2009年7月現在)

・アシアナ航空
・キャセイパシフィック航空
・キングフィッシャー航空 (インド)
・マレーシア航空
・カタール航空
・シンガポール航空

アシアナ航空、シンガポール航空は順当tかといめますが、キャセイパシフィック航空も5ツ星というのは最近サービスが向上している証かと思います。


◆エアライン・オブ・ザ・イヤー
毎年行われる、年間最優秀エアラインのベスト3は以下の通りです。
1度はエアライン・オブ・ザ・イヤーのフライトに搭乗したいものですよね。

知っているエアラインがランキングに入っているでしょうか?
あなたの評価はいかが?

【2010年】
1位・アシアナ航空 2位・シンガポール航空 3位・カタール航空

【2009年】
1位・キャセイパシフィック航空 2位・シンガポール航空 3位アシアナ航空

【2008年】
1位・シンガポール航空 2位・キャセイパシフィック航空 3位・カンタスオーストラリア航空

【2007年】
1位・シンガポール航空 2位・タイ国際航空 3位・キャセイパシフィック航空

【2006年】
1位・ブリティッシュ・エアウェイズ 2位・カンタスオーストラリア航空 3位・キャセイパシフィック航空

【2005年】
1位・キャセイパシフィック航空 2位・カンタスオーストラリア航空 3位エミレーツ航空

ベトナム航空(ハノイ⇒福岡)機内食 朝食

今回はベトナム、ハノイへの旅行で往復ともベトナム航空を利用しました。

日付 ;2014.12.1
Flight ;VNー356
ハノイ発 ;1:25 
福岡着 ;7:10

【ベトナム航空機内食(ハノイ⇒福岡)朝食】
ベトナム航空  福岡 ハノイ 機内食 朝食

深夜ハノイを出発して、早朝に帰国という便なので、座席に着いたら皆さんすでにお疲れモード、かんたんな飲み物程度はサービスされていましたが、早々にお休みの態勢に入る方がほとんどです。私もすぐに毛布にくるまり目を閉じたのですが、やはりなかなかすぐには寝付けません。
幸い機内は満席ではなく、若干の余裕があったので多少はゆとりが感じられました。

早朝に朝食のサービスが始まります。和食と洋食メユーから選べます。
洋食はよくある卵料理、フルーツ、ヨーグルトだったので、和食にしました。

まず飲み物はトマトジュース。オレンジ、アップルなど他のジュースもあります。希望すればアルコール類もOkですが、さすがに朝起きぬけなので、ビールという気持ちになれず。。

前菜はかまぼこと大根の煮物。う~ん。コメントが思いつかない味。

メインは白身魚の煮付け、小松菜等の野菜添え。しょうゆ味で和風の料理なのですが、おそらくベトナムで作っているために、ちょっと違う!違和感のある味付け。。
決して不味いわけではないのですが、あまり感心しないといいましょうか、微妙です。

漬物として、ピンク色のしょうがの酢漬けも付いてます。こちらも紅ショウガとは違うし、積極的に食べたくなる感じではなかったですね。

フルーツの盛り合わせは、さすがに南国らしく新鮮でこのメニューの中では一番良かったかも。
メロン、スイカなど朝にはうれしいフレシュさ。

和食メニューではありますが、お約束でパンも配られます。ロールパンにバターとイチゴジャム添え。

温かい飲み物はコーヒー、紅茶、緑茶の中から選べます。行きの機内食でコーヒーのおいしさに感激したので、コーヒーをお願いしました。同じコーヒーのはずなのに今回はそれほどおいしいと感じなかったのはなぜでしょう??

深夜の飛行機は、さすがに疲れます。時間を有効に使えるという利点はありますが、いかなる場所でも眠れる特技を身につける必要がありますね。
ともかく無事に旅を終え、ホッとしました。


韓国ソウルおいしい旅機内食大好き
【航空会社に関する新着情報】

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0