機内食で味わう機上のグルメな旅行を紹介。国際線の旅客機に乗ると機内食が楽しみです。機内食、国際空港、各航空会社の自慢の飛行機なども紹介します。

エアライン評価

スポンサードリンク

SKYTRAX社(スカイトラックス)によるエアライン評価

SKYTRAX社(イギリスに本拠地をおく航空輸送産業専門のリサーチ会社・1989年創立)が毎年実施する顧客サービスに関する航空会社と国際空港評価の調査結果が発表されています。

この評価の項目はキャビンアテンダント、ラウンジ、機内エンターテイメント設備、機体メンテナンスなど多岐に渡っており、SKYTRAX社独自の調査に加えて、さらに航空会社の乗客からも満足度調査などを行った上で、航空会社の評価を発表していますのでその権威はかなりのものといえます。

注)「エアライン・オブ・ザ・イヤー」には、他にも航空会社や関連メーカといった航空業界での最有力誌「エア・トランスポート・ワールド」が選ぶものもあります。若干順位が異なります。

それによると
2010年はアシアナ航空、
2011年はエミレーツ航空が第1位となりました。


◆ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ
ホテルに5ツ星があるように、航空会社にもランク付けがあります。
エアラインの5ツ星には世界でたった6社しかありません。

SKYTRAX社では世界300社以上の航空会社の品質を1つ星から最高位の5つ星までで評価しており、最高ランクの5つ星に達する航空会社に下記6社が選ばれています。(2009年7月現在)

・アシアナ航空
・キャセイパシフィック航空
・キングフィッシャー航空 (インド)
・マレーシア航空
・カタール航空
・シンガポール航空

アシアナ航空、シンガポール航空は順当tかといめますが、キャセイパシフィック航空も5ツ星というのは最近サービスが向上している証かと思います。


◆エアライン・オブ・ザ・イヤー
毎年行われる、年間最優秀エアラインのベスト3は以下の通りです。
1度はエアライン・オブ・ザ・イヤーのフライトに搭乗したいものですよね。

知っているエアラインがランキングに入っているでしょうか?
あなたの評価はいかが?

【2010年】
1位・アシアナ航空 2位・シンガポール航空 3位・カタール航空

【2009年】
1位・キャセイパシフィック航空 2位・シンガポール航空 3位アシアナ航空

【2008年】
1位・シンガポール航空 2位・キャセイパシフィック航空 3位・カンタスオーストラリア航空

【2007年】
1位・シンガポール航空 2位・タイ国際航空 3位・キャセイパシフィック航空

【2006年】
1位・ブリティッシュ・エアウェイズ 2位・カンタスオーストラリア航空 3位・キャセイパシフィック航空

【2005年】
1位・キャセイパシフィック航空 2位・カンタスオーストラリア航空 3位エミレーツ航空


スポンサードリンク

Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0