機内食で味わう機上のグルメな旅行を紹介。国際線の旅客機に乗ると機内食が楽しみです。機内食、国際空港、各航空会社の自慢の飛行機なども紹介します。

アシアナ航空(OZ)

スポンサードリンク

アシアナ航空 ソウル(仁川)⇒福岡 OZ136 ビジネスC

帰路もビジネスクラスですが、いきとは背追尾が大きくことなりすくなからずがっかりでした。

日付 ;2016.6.22
Flight ; OZ-136
ソウル発 ;17:55
福岡着  ;19:00

ソウルからの帰路は行きの便より小さい飛行機だったため、ビジネスクラスのシートも近距離用の簡単なものでした。これが普通ですからは近距離ということもあり仕方ありません。

17時55分仁川発なので時間帯としてはディナーなのですが、飛行時間があまりに短いため、機内食はお弁当的な簡単なものでした。

まずウエルカムドリンク(水かジュース)がサービスされますが、ビジネスクラスの座席エリアを後方のエコノミー客がぞろぞろと通過されるので、ザワザワしてあまり落ち着けません。

離陸後まもなく食事のサービス開始。行きと同様種類は1種のみで選べません。
座席のテーブルをセットして、男性のCAさんがテーブルクロス(ナフキン)を敷いてくれます。

飲み物はノンアルコール飲料、ビール、ワインの他ににコリアンライスワイン(マッコリ)も選べます。どんなマッコリか興味があってマッコリジュセヨ〜とお願いしました。

グラスに入った乳白色の液体、これがマッコリ↓→かすかに微発泡でさわやか。お食事に合うかどうかは少し疑問ですが、韓国らしさが楽しめますね。

ソウル発日本行きなので食事は和風テイストの幕の内弁当です。
お弁当プラス汁物で豆腐とわかめの味噌汁付き。
味噌汁は陶器ですが、お弁当はプラスチックの容器で、トレーに載せて一人分ずつサービス。

【ビジネスクラス機内食 アシアナ ソウル(仁川)〜福岡 OZ136】

ご飯は3種類の炊き込みご飯で、メニューには栄養おにぎりと記載。こんもり丸く盛りつけているのでおにぎりと言えなくはないのですが、ぎゅっと握ったいわゆるおにぎりとは異なります。
アルミカップに3種盛り合わせの炊き込みご飯は、ちょっと薄味。日本のようにご飯に味をつけるという感覚が無いのか、素材そのものを生かす炊き込みご飯ですね。
豆や野菜の具材が体に良さそうです。

メインのおかずは銀たらの塩焼き、スモークチキン。こちらは和風の味付けでお弁当の定番おかず。冷めても美味しい料理という事でしょうか。
れんこんや椎茸の焼き物などの野菜料理もバランスよく入っています。

デザートとしてフルーツ。特にケーキなどのスイーツはありませんでした。
フライト時間が長ければ、食後のデザートをコーヒーとともにゆっくり楽しめるのでしょうが、なにしろ時間との戦い。そんな暇は無いですね。あっという間に着陸時間だし。。

食後のお茶の頃、折悪く飛行機がかなり揺れて、お茶が波打って溢れるほどでした。
残念ながら、安全のためコーヒーやお茶などの飲み物はすぐに片付けられてしまいました。
梅雨時で日本は大雨のようでしたが、ソウルは曇り程度で、傘は不要でした。
久しぶりの韓国を満喫し、満足満足。


アシアナ航空 福岡→ソウル(仁川) OZ131 ビジネスC(福岡⇔ ソウル)軽食 夕食 

今回久しぶりにビジネスクラスに乗ることができ、以前と設備も大きくことなり正直驚いています。

日付 ;2016.6.21
Flight ; OZ-131
ソウル発 ;11:30
福岡着  ;12:50

ソウル便のビジネス席は通常、エコノミークラスの前方10席程度で、シートの広さもエコノミーよりやや広いかなという程度なのですが、この日は長距離便並のすごい設備!!

ほぼ個室の独立したシートで、モニター画面はシート奥に見やすい大画面のものが設置。
ゆったりと快適な空間でくつろげます。短時間のフライトなのがもったいない感じです。

【ビジネスクラス アシアナ 福岡~ソウル(仁川) OZ131】

【ビジネスクラス アシアナ 福岡~ソウル(仁川) OZ131】

福岡→仁川は飛行時間も1時間半弱で本当にあっという間ですが、そんな中でもちゃんとした食事がサービスされます。

まず着席時にウエルカムドリンク、ミネラルウォーターかジュースがグラスでサービスされます。
アメニティは機内用スリッパが準備されています。

飛行時間が短いので、離陸後すぐに食事。昼のフライトなので軽めのランチですね。
メニューは選べず一種類のみ。ソウル便は韓国風のお弁当となっています。

【ビジネスクラス機内食 アシアナ 福岡~ソウル(仁川) OZ131】

飲み物はアルコール、ノンアルコール数種類からチョイス。メニューに写真付きで紹介されていた白ワインをお願いしました。
CAさんがわざわざボトルを持ってきて、まずは少量テイスティング。OKであればグラスに注いでくれました。そこまでしてくれなくても~ 恐縮ですって感じです。
おすすめワインだけあって、フルーティで飲みやすく、バランスがとれた良いワインのようです。

お料理は幕の内弁当風に少量ずつ、たくさんのおかずが彩りよく配置。お弁当容器はさすがにプラスチック製ですが、汁物は陶器の器です。

【ビジネスクラス機内食 アシアナ 福岡~ソウル(仁川) OZ131】

笹の葉ご飯、キャベツご飯はそれぞれ葉物でくるんだ小さいおにぎりですが、特に炊き込みご飯のように味はついてませんでした。
メインのおかずはうなぎの蒲焼(小さい一切れ)とトッカルビ。
うなぎはちょっと固かったのですが、今や高級食材ですからね。一切れでもありがたくいただきました。韓国にも鰻を食べる文化があり、蒲焼はほぼ日本と同様の甘辛いタレの味付けです。

トッカルビは牛肉をミンチ状に叩き、平たく整形して焼いたような料理で、普通の焼肉のカルビのようなタレ味。お弁当なので冷めて少し硬いかな~

ツルニンジンのコチュジャン焼き、白キムチなどの野菜類が入っていますが、どれも辛くない!
唐辛子は控えている模様です。

汁物は豆腐のみそ汁(テンジャンチゲ?)が付きます。

デザートはフルーツのみで、特にケーキやアイスなどはありません。
食後はコーヒーか日本茶がサービスされました。お茶を頼みましたが、きちんとソーサー(受け皿)にレースペーパーを敷いて、もちろん陶器のカップでした。

限られた短時間で済ませるため、すごく忙しいのでしょうが、CAさんの手際よさには感服です。
お味の方は、正直言って特別に感動するほどではありませんが、きちんとした機内食を提供する姿勢には拍手です。


アシアナ航空 機内食(福岡⇔ ソウル)軽食 夕食

アシアナ航空機内食(ソウル⇒福岡)のレポートです。

日付 ;2015.6.9
Flight ; OZ-133
福岡発  ;16:20
ソウル着 ;17:40

今回のソウルは久々のアシアナでした。
最近はLCCが多かったので、機内食のサービスがちょっと新鮮で楽しみです。

折からのMERSウイルス騒ぎで、飛行機はガラガラかな?という予想に反して、往復とも搭乗率は70%以上の様子でした。
日本人の乗客はほぼマスク着用でしたが、乗務員の方々はノーマスク(笑) 特にウイルスを気にしている風でもありません。感染についての注意事項のアナウンス等も一切なし。
韓国に対しての悪いイメージが広がらないよう、あえて平静を装っているのでしょうか。。。

短いフライトですが、一応国際線なので往復とも簡単な機内食のサービスがありました。

まず、ソウル行きの便では時間が16時過ぎという事で、おやつ感覚のサンドイッチと飲み物。
バターがたっぷりのデニッシュ生地のパンに、レタス きゅうり ピクルス トマト ハム チーズと具沢山のサンドイッチです。食べやすくカットされて、見た目も美味しそうです。

【 アシアナ航空 機内食 福岡~ソウル(仁川) OZ133】
機内食 アシアナ 福岡~ソウル(仁川) OZ133

ちょうど小腹が空いていたので、完食。お味もまあまあですね。韓国のパンのレベルも最近は侮れません。最初に配られた時には、サンドイッチとともに小さい容器のミネレルウォーターがトレイにのってましたが、飲み物は別途時間をおいて 後ほどのサービスになります。

パンを食べる時には口がぱさついて、何か飲み物が欲しいので 同時にコーヒーも飲みたいところですが、限られた時間のサービスなので贅沢は言えませんね。

リクエストすればビールなどのアルコールも可能ですが、だいたいコーヒー、紅茶、緑茶の中から選びます。あとはオレンジジュースも希望で持ってきてくれます。

飲み物に関しては、まあ可もなく不可もなくという程度でしょうか。
以前乗ったベトナム航空のコーヒーのレベルの高さに驚愕し、機内食でもココまでやれるんだという印象が強いため、機内のコーヒーに関してはまだベトナム航空を越えるものには出会えません。

帰りの便はちょうど夕食時だったので、行きよりはボリュームがありました。
長めのロールパンサンドと、別にトマトソースで和えたマカロニのサラダもついていました。

【 アシアナ航空 機内食 ソウル(仁川) ~福岡 OZ136】
機内食 アシアナ 福岡~ソウル(仁川) OZ136

日付 ;2015.6.11
Flight ; OZ-136
ソウル発 ;17:00
福岡着  ;18:20

パンはホットドッグくらいの長さのロールパンで、具材はコロッケとキャベツ。食べごたえはありますが、味の方はあまりぱっとせず、1/3くらい残してしまいました。
肝心のパンが給食パンみたいでイマイチなんですね。お隣の席の外国人(ヨーロッパ系白人男性)は結構美味しそうに召し上がってましたので、これはあくまで個人の主観です。

マカロニの料理の方も同様なレベルで、アシアナにしては残念な感じです。代わりにフルーツでも良かったかなと思います。

飲み物は行きと同様コーヒー、紅茶、緑茶、ジュース、ビールなどのチョイスでした。コロッケがくどく感じられたので、普段はあまり飲まないジュースをお願いしました。
このオレンジジュースは味が濃くて美味しかった。もしかしたらチェジュ島のみかんかも。

以前は食後すぐに免税品の販売に力を入れていた印象がありましたが、今回はわりとあっさりと声かけ程度で熱心に販売していませんでしたね。

MERS騒動で、若干不安がよぎりましたが、ソウルでマスクをしているのは観光客だけ。
感染者の出ている病院にさえ近づかなければ、それほど恐れる事態ではなさそうです。
とはいえ、今回は直前にキャンセルするのが惜しくて強行したものの、ウイルスが落ちつくまでは当分韓国旅行は控えたほうが賢明なようですね。 


アシアナ航空 機内食(ソウル仁川→福岡)

大型台風の影響で、果たして無事帰国できるか気を揉んでいましたが、大丈夫!!
2014年7月9日 OZ134 14時発 ソウル仁川→福岡便は台風の影響もさほどなく、順調に定刻通りの出発でした。

日付 ; 2014.7.9(WED)
Flight ;   OZ-134 INC-FUK Y
ソウル仁川発; 14:00
福岡着    ; 15:30

アシアナはLCCと違い、広い空港の比較的場所の良いゲートから出発できるので助かります。
お昼は空港内のスタバで大好きなシナモンロールとアイスコーヒーで軽く済ませ、いざ機内へ。

本当は機内食がサンドイッチだろうとの予測で、ランチはビビンバか何かのご飯物を空港のフードコートで食べるつもりが、満席で座る場所が無いですよ と言われ仕方なく諦めました。

お昼過ぎのフライトですが、ボリュームとしては行きの便の軽食と変わらず、サンドイッチと飲み物の簡単なものでした。

【アシアナ航空機内食(ソウル仁川⇒福岡)軽食】
アシアナ航空  ソウル仁川 福岡 機内食 軽食

パンはクロワッサン生地でハムやチーズなどを挟んだよくあるタイプ。クロワッサンの風味がよく、具材には目新しさはないものの美味しくいただけました。
近くの席のおじさまが早速ビールをリクエストしていたので、私も負けじとお姉さんにお願い。
ビールは韓国ブランドの軽いタイプですが、私と娘二人に別々の銘柄を持ってきてくれました。
後でコーヒーと緑茶のサービスもあります。

短いフライトながら、ゆっくり機内食を楽しむことができ満足です。
遠い記憶ですが、以前はちらし寿司とか炊きこみご飯などのご飯物も出ていたような気がするのですが、やはり経費の面で難しくなったのでしょうね。
のり巻き(キムパッ)なんかが出てくると嬉しいのにな〜と思います。


アシアナ航空 機内食(福岡→ソウル仁川)

2014年7月7日 OZ133 16:20発 福岡→ソウル仁川 1時間少々の短いフライトでしたが、サンドイッチと飲み物がサービスされました。

日付 ; 2014.7.7(MON)
Flight ;   OZ-133 FUK-INC Y
ソウル仁川発; 16:20
福岡着    ; 17:50

折からの台風接近で、機内は時折大揺れ。。。
このような大型台風の強風の悪条件でも、ちゃんと国際線は運航されるんだと妙に感心してしまいました。韓国の航空会社と日本の航空会社では安全に対する考え方は当然異なるとおもいますが、さすが韓国の航空会社は強引だなと感じつつも飛んでくれて感謝しています。

もし欠航だと大変でした。格安旅行はこういうときはほんとに運行してくれて助かりました。

さてこんな状態では機内サービスは中止かもと思っていましたが、さすがはアシアナです。てきぱきと食事を配り、空いた時間には機内販売もしっかりアピールしていました。

【アシアナ航空機内食(福岡⇒ソウル仁川)軽食】
アシアナ航空  ソウル仁川 福岡 機内食 軽食


さて、本日のメニューは夕方4時過ぎというハンパな時間でもあり、比較的軽めのものです。
韓国らしさも意識してか、ひとつは甘辛味のプルコギを具にしたもの。もうひとつは卵とパプリカをサンドしたものです。
味の変化もあって美味しくいただきました。パンそのものもなかなかのレベルですね。

飲み物はパック入りの小さいサイズの水と、後ほどコーヒーまたはお茶が好みで選べました。
リクエストすれば、ビールなども持ってきてくれるようでしたが、何しろ天候が悪く、揺れの合間を縫うようにささっと済ませる感じでしたので、おとなしくコーヒーを飲んで終了。
最近韓国旅行はLCC利用ばかりで、久々のアシアナでした。やはりLCCにはない良さも捨てがたいですね。


アシアナ航空 A321-200

アシアナ航空の福岡⇒済州島の区間で使用された機体はA321 200でしたが、機体の塗装はスターアライアンス仕様のあまり見たことがないデザインでした。
こういうのもあるんだと感心しました。

【アシアナ航空 A321-200(福岡⇒済州島)】
アシアナ航空 A321-200

エアバスA321(Airbus A321)は、エアバスA320のストレッチ型(長胴型)で、エアバスA320のカテゴリの中では最も大型の旅客機となりまる。同じ胴体を使った航空機として、エアバスA320、エアバスA319、エアバスA318が現在就航しています。

A321-200は燃料タンクを追加して航続距離を延ばしたものです。

アシアナ航空 A321-200は、パソコンでも使える電源とUSB充電用の電源がそれぞれ準備されています。 さまざなプラグに対応しており AC電源は座席の下にありました。気をつけないといけないのが、電圧でした。

前の咳の背もたれにはUSB充電用プラグも準備されていますのでiPod touchの充電にもつかえて便利でした。残念ながらインターネットへの接続ができませんでした。

分かりやすくするために照度を上げていますが雰囲気のよい照明でした。尚、就寝照明はもう少し照明が抑えられます。

またアシアナ航空の帰りのフライト(済州島⇒福岡)もA321-200)でしたが、機体のデザインは以下の通り通常のアシアナカラーでした。

【アシアナ航空 A321-200(済州島⇒福岡)】
アシアナ航空 A321-200


アシアナ航空機内食(済州島⇒福岡)軽食

アシアナ航空機内食(済州島⇒福岡)軽食を紹介します。

アシアナの機内食といってもチェジュまでの飛行時間が短すぎて(飛行時間約50分)、飲み物+お菓子の軽食サービスでした。

時刻表では到着まで65分ですが、実際離陸から着陸までの賞味の飛行時間はわずか50分、日本の国内線よりも短いフライト時間。

韓国旅行ももう国内旅行のようyな感覚です。
帰りもやはり夏休みということで機内はほぼ満席でした。

飲み物はオレンジジュースでお菓子はさつまいもパンでめずらしいものでしたが、これがなかなかおいしかったです。さつまいもは特に特別というわけではなく、いもを小麦粉のパン生地にねりこんだもののようです。

日付 ;2011.8.19
Flight ;OZ-140
済州発 ;11:00
福岡着 ;12:00  

【アシアナ航空(済州島⇒福岡)機内食/軽食】
アシアナ航空 機内食

【アシアナ航空(済州島⇒福岡)軽食のさつまいもパン】
アシアナ航空 さつまいもパン


アシアナ航空機内食(福岡⇒済州島)軽食

アシアナ航空機内食(福岡⇒済州島)軽食を紹介します。

アシアナの機内食といってもチェジュまでの飛行時間が短すぎて(飛行時間約50分)、飲み物+お菓子の軽食サービスでした。

時刻表では到着まで65分ですが、実際離陸から着陸までの賞味の飛行時間はわずか50分、日本の国内線よりも短いフライト時間。

韓国旅行ももう国内旅行のような感覚です。
夏休みということで機内はほぼ満席でした。

飲み物はオレンジジュースでお菓子はチーズバーでおいしかったです。

福岡⇒済州島の区間で使用された機体はA321 200でしたが、機体の塗装はスターアライアンス仕様のあまり見たことがないデザインでした。こういうのもあるんだと感心しました。

日付 ;2011.8.17
Flight ;OZ-139
福岡発 ;10:00
済州着 ;11:05 

【アシアナ航空(福岡⇒済州島)機内食/軽食】
アシアナ航空 機内食

【アシアナ航空(福岡⇒済州島)軽食のチーズバー】
アシアナ航空 機内食


アシアナ航空機内食(ソウル⇒福岡)

アシアナ航空機内食の3時のおやつ??です。

日付 ;2011.2.10
Flight ; OZ-136
ソウル発 ;15:40
福岡着  ;16:50

帰りも軽食のサンドイッチでした。時間が中途半端だから当然か。

ただし、パンの種類が変わってました。いろいろ趣向凝らしてます。
今度はクロワッサンです。

【アシアナ航空(ソウル⇒福岡)機内食】
アシアナ航空 機内食

パン; クロワッサン
具材; ハム、薄焼き卵、きゅうり、トマト、レタス

具材がチーズ⇒薄焼き卵に変更でした。


アシアナ航空機内食(福岡⇒ソウル)の夕食

アシアナ航空機内食の夕食です。

日付 ;2011.2.8
Flight ; OZ-135
福岡発 ;18:20
ソウル着 ;19:50 

距離が近く、飛行時間が短いためか軽食のサンドイッチでした。
福岡とソウルは時差がないので、飛行時間1時間30分、実質飛んでいるのは、1時間ちょっとくらいでしょうか?

以前はちゃんとした食事がでてたような気がしましたが、コリアンエアーとの競争激化で質を落としたのかな?

今度コリアンエアー乗って確認してみよう。

【アシアナ航空(福岡⇒ソウル)機内食/夕食】
アシアナ航空機内食 夕食

パン; フランスパン
具材; ハム、チーズ、きゅうり、トマト、レタス

けっこうおいしいです。
ロイヤルのケータリングかな?
ロイヤルがつくった機内食はおいしいですよね。


スポンサードリンク

Page: 1 < 2  次の10件>>

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0