機内食で味わう機上のグルメな旅行を紹介。国際線の旅客機に乗ると機内食が楽しみです。機内食、国際空港、各航空会社の自慢の飛行機なども紹介します。

キャセイパシフィック航空(CX)

スポンサードリンク

キャセイ航空(台北-福岡)機内食 普通食 夕食

いよいよ旅から戻る最後のフライトになります、キャセイ航空(台北-福岡)機内食 普通食 夕食です。飛行時間が2時間ほどありますので、サーブもゆったりとしたもので楽しめました。

キャセイ航空の台北-福岡便の最終フライトですし、乗客もほとんど日本人のようですし、このフライトはたいてい中国の乗客が台北で降りてしまうので、搭乗率も50%以下となることが多いようです。

ということで私のお気に入りの帰国便の1つでもあります。

日付 ; 2013.12.4(WED)
Flight ;   CX-510 TPE-FUK Y
台北発 ;  17:50
福岡着 ;  20:50


【キャセイ航空機内食普通食(台北⇒福岡)軽食】
キャセイ航空  台北 福岡 機内食 普通食 夕食

ということで今回旅の最後の便となりました。夕食時間帯ですし、飛行時間も結構あるので今回はきちんとしたディナーのようです。

メイン料理は日本食(チキンとライス)または洋食(パスタ)からの選択です。
ずっとご飯が続いたのでパスタを選びました。

飲み物はワイン、ビール、ジュース、コーラなどごくありきたりなもの。
フレッシュフルーツ(スイカ、パイナップル)にデザートとして台湾名物のパイナップルケーキがついています。よくお土産として売っている市販品です。

パスタは太めのマカロニ ペンネのトマトソースで、具材はエビや白身魚、インゲン、赤ピーマンなど。久しぶりのパスタでしたが、お味の方は少し残念なレベルで、感動はなし。

これでは、他のエアラインに遅れをとってしまいますよ・・・、と厳しい意見もたまには必要ですよね。

【評価】
☆~☆☆ 並み~普通でした。

大体福岡からだと、よく搭乗する航空会社が決まってしまいます。
キャセイ航空、シンガポール航空、中華航空、アシアナ航空・・・。
このなかではやはりシンガポール航空が1歩も2歩も線香しているといったところでしょうかね。

個人的にはキャセイ航空はお気に入りの1つなのでもっと顔晴ってほしいもの。
昔はもっと待遇よかったといういんしょうでしたが、やはりコスト競争は熾烈なのでしょうかね。


キャセイ航空(香港-台北)機内食 普通食 軽食

キャセイ航空(香港-台北)のこの便は、いつも結構混雑しています。
香港ー台湾間のビジネス客も結構搭乗しているということでしょう。
実質フライト時間は1時間程度なので、飛び立つとすぐに機内食がでてきます。

時間帯から今回のキャセイ航空(香港ー台北)機内食(普通食)は 軽食です。

日付 ; 2013.12.4(WED)
Flight ;   CX-510 HKG-TPE Y
香港発 ;  15:15
台北着 ;  16:45

【キャセイ航空機内食普通食(香港⇒台北)軽食】
キャセイ航空  香港 台北 機内食 普通食 軽食

この便も行きと同じく、軽めのスナック感覚のお弁当でした。
紙のランチボックスに入ったフライドライス(チャーハンですね)。
具材はチキン、しいたけ、ネギ、卵入り。チキンがたくさん入っていました。
味はまあまあで、やはり中華圏の人が作るチャーハンは上手にできています。

お米の質とも関係しているかもしれませんが、ぱらっと炒めて食べやすい。
日本米のように粘っこさがないので炒めやすいのかもしれません。

しかし、この中にも恐らく想像を絶する量の味の素が投入されていることでしょう(笑)
味だけでは、化学調味料の量はなかなか推測できませんが、ちょっと舌がピリっとするようだと化学調味料をうたがわないといけません。

飲み物は烏龍茶でなく、紙パックの玄米茶でした。

【評価】
☆☆ まあ今回はよくできている方でしょう。

いつものことながら短いフライト時間でも、キャセイ航空はちゃんと免税品の販売を行います。
やはり免税品の販売は結構航空会社の収益に寄与しているということでしょう。
キャセイ航空に限らず、どこの航空会社も利益を出そうという意欲が強く感じられます。


キャセイ航空(ペナン-香港)機内食 普通食 朝食

キャセイ航空(ペナン-香港)機内食 普通食 朝食

日付 ; 2013.12.4(WED)
Flight ;   CX-692 PEN-HKG Y
ペナン発 ;  7:50
香港着 ; 11:30


【キャセイ航空機内食普通食(ペナン⇒香港)朝食】
キャセイ航空 ペナン 香港 機内食 普通食 朝食

休暇が終わっていよいよ帰国の途へ。帰りの便の朝食は名残を惜しんで中華風を選択。
実は、行きの洋風オムレツがイマイチだったので、もう一度食べる気がせず違うメニューに。


◆普通食朝食(中華)/洋食(オムレツ) or 中華(ヌードル)からの選択
チキンヌードル(しょうゆ味細麺の焼きそば) チキン、にんじん、青菜の具材入り。
ロールパン バター添え
フレッシュフルーツ(パパイヤ、パイナップル、スイカ)をカットしたもの
いちごヨーグルト
飲み物; コーヒーまたは紅茶 ジュース;オレンジまたはアップル

メインが焼きそばで、多少期待しましたが、お味は ☆~☆☆ ごく普通でしたね。
フルーツだけは、さすがにクオリティ高くて満足でした。


キャセイ航空(香港-ペナン)機内食 普通食 朝食

キャセイ航空(香港ペナン)機内食 普通食 朝食

日付 ; 2013.11.28(TUE)
Flight ;   CX-633 HKG-PEN Y
台北発 ;  8:25
香港着 ; 12:05

いよいよ香港から目的地ペナンに向かう便に搭乗。前日の夕食から中華が続いていたので、機内の朝食は洋食が嬉しいです。(ご希望であればチキンの中華風も選べます)

よくあるアメリカンブレックファスト。ジュースはオレンジかアップル。飲み物はコーヒーか中国茶。
フレッシュフルーツの盛り合わせは、スイカ パパイヤ メロンを一口サイズにカットしたもの。
ロールパンとバター。フルーツヨーグルト。

メインはトマトソースのオムレツとソーセージとフライドポテト添え。
特別に美味しいとは言えませんが、フレッシュな南国の果物が朝には有り難く感じます。

ちなみに機内で飲むコーヒーは、どこもイマイチだと思いますが、特にキャセイのコーヒーは真っ黒な煮詰まったような液体で風味もなく、あまり感心しませんね〜。中国茶のほうがまだましなので、最近はお茶をいただくことが多いです。


【キャセイ航空機内食普通食(香港⇒ペナン)朝食】
キャセイ航空  香港 ペナン 機内食 普通食


キャセイ航空(台北-香港)機内食 普通食 軽食

キャセイ航空(台北-香港)機内食 普通食 軽食

日付 ; 2013.11.27(MON)
Flight ;   CX-511 TPE-HKG Y
台北発 ; 13:20
香港着 ; 14:55

台北から香港へ向かう便は、時間も短いせいか軽めのスナック感覚のお弁当でした。

【キャセイ航空機内食特別食(台北⇒香港)軽食】
キャセイ航空  台北 香港 機内食 普通食 軽食

豚肉のそぼろ載せご飯に煮卵(半個)タクワンも添えられてます。台湾は日本統治時代の名残か、お弁当の文化が根付いており、よく鉄道の駅でもお弁当を販売していますね。

味付けは五香粉の香りがきつめの典型的な中華味。量が少なめなので、おやつみたいな感じでした。
飲み物は紙パックの烏龍茶。
スナック程度の機内食だと、サンドイッチが定番ですが、さすがは中華圏。ご飯がしっかり出るのがすごいです。


キャセイ航空(福岡-台北)機内食 普通食 昼食

キャセイ航空(福岡-台北)機内食 普通食 昼食

日付 ; 2013.11.27(MON)
Flight ;   CX-511 FUK-TPE Y
福岡発 ; 10:10
台北着 ; 12:10

ペナンに向かう旅行のスタート。最初の食事は早めのランチで、日本風のビーフか中華風チキンからの選択でしたが、あいにくチキンは品切れで、すき焼き風のビーフとなりました。

【キャセイ航空機内食普通食(福岡⇒台北)昼食】
キャセイ航空  福岡 台北 機内食 普通食

メインは和風味のすき焼き風牛肉の煮物。野菜は春菊と人参など。白いご飯添え。
味付けはやや薄味な感じです。
冷たいそば(めんつゆは別にあとからかけるタイプ)で、薬味はネギとわさび。
スイーツとしてロイヤルのレーズンサンド RAISIN もつきました。これは個人的に大好き!!

飲み物はワイン、ビール、ソフトドリンクなどお好みですが、その日の気分で白ワインをいただきました。食後にはコーヒー、紅茶、緑茶もサービスされます。

比較的ボリュームは軽めでしたね。どちらかというと日本を出発したばかりなので、和食以外のものを食べたいかなと思うのですが、中華風の料理が品切れで残念。。。

最近のキャセイパシフィックは、これといった特徴もなく中の下レベルになったような気がします。
他のエアラインが頑張っているので、少し見劣りがしてしまうのでしょうか。
とはいえ、今回の旅行はキャンペーン価格の超お値打ち料金だったので、文句を言ったらバチが当たりますね。



キャセイパシフィック航空(台北⇒福岡) 夕食

日付 ;2011.11.2
Flight ;CXー510
台北発 ;18:30
福岡着 ;20:55 

台北⇒福岡間は搭乗時間も長く、夕食ですので2種類から選べます。

【キャセイパシフィック航空(台北⇒福岡)機内食/夕食(チキンのフライ)】
キャセイパシフィック航空 機内食 香港 福岡

メイン; チキンのフライ、しいたけ・ヤングコーン他の野菜炒め付け合せ、ごはん
デザート; ムース(イチゴソース)、フルーツ(グレープフルーツ、リンゴ)、パイナップルケーキ
パン各種; パン、バター
暖かい飲み物; コーヒー、紅茶
普通のチキンのフライといためた野菜の付け合せでした。
少しスパイシーな味付けで結構いけます。
パイナップルケーキが珍しく付いてました。
ちなみに私パイナップルケーキが大好物です。
台北に行ったら老舗の名店まで出かけて買ってきます。

【キャセイパシフィック航空(台北⇒福岡)機内食/夕食(パスタ)】
キャセイパシフィック航空 機内食 香港 福岡

メイン; チーズとトマトソースのかかったスパゲティ
デザート; ムース(イチゴソース)、フルーツ(グレープフルーツ、リンゴ)、パイナップルケーキ
パン各種; パン、バター
暖かい飲み物; コーヒー、紅茶
チーズとトマトソースのかかったスパゲティでした。
あっさりした味付け、おいしかったです。

もうすぐ福岡、早朝からペナン出発でしたのでほぼ1日がかりのフライトには久しぶりに疲れました。
乗客は台北で半分くらい降りたので、座席が半分くらい空席になり空いた席の窓際に移動したおかげでゆったりと最後のフライトが楽しめました。

キャセイパシフィック航空の日本向けのフライトにはJーPOPのオーディオサービスが大抵ありますが、この日は山下達郎、ユーミンなどの昔のフォークやクリスマスソングがメインでフライト中も珍しく結構楽しめました。

やはりキャセイパシフィック航空は「エアライン・オブ・ザ・イヤー」の常連なのでフライト中エンターテイメントが充実していますね。次回も期待!!


キャセイパシフィック航空(香港⇒台北) 軽食

日付 ;2011.11.2
Flight ;CXー510
香港発 ;15:15
台北着  ;16:45  

【キャセイパシフィック航空(香港⇒台北)機内食/軽食】
キャセイパシフィック航空 機内食  香港 台北

パン; 揚げパン
具材; ソーセージ、レタスなど
飲み物;アップルジュ-ス、コーヒー、紅茶など

時間15時を廻っての出発でしたので軽めの食事でした。
3時のおやつといった感じで香港乗機のお客さんにとっては何となく物足りなかったでしょう。
ケーキやデザートのような甘味もほしかったですね。


キャセイパシフィック航空(ペナン⇒香港) 朝食

日付 ;2011.11.2
Flight ;CXー692
ペナン発 ; 7:50
香港着  ;11:30

キャセイパシフィック航空のペナン⇒香港は早朝の便でしたので機内食は朝食です。
2種類から選べましたが、記事には1種のみ記載。
確かソーセージまたはチキンのどちらかのチョイスだったように思います。

【キャセイパシフィック航空(ペナン⇒香港)機内食/朝食】
キャセイパシフィック航空 機内食 ペナン 香港

メイン; ソーセージ、野菜のオムレツ 温野菜(トマト、じゃがいも)
デザート; 果物(パパイヤ、グレープフルーツ、なし)
パン各種; パン、バター
暖かい飲み物; コーヒー、紅茶、オレンジジュース

味はごく普通でした。
まあ西洋風の朝食ならこんなものでしょう。
以前シンガポール航空の朝食では和食と洋食を選べて、和食には焼魚(焼き鮭)とごはんが用意されていましたが、キャセイの場合日本行きのフライトでなかったのでそこまで行き届いてなかったです。

もし日本行きのフライトであれば、朝食は和食のチョイスが付いていたかもしれませんね。


キャセイパシフィック航空(香港⇒クアラルンプール) 夕食

日付 ;2011.10.28
Flight ;CXー729
香港発 ;16:15
クアラルンプール着 ;19:55  

【キャセイパシフィック航空(香港⇒クアラルンプール)機内食/夕食】
キャセイパシフィック航空 機内食 香港 クアラルンプール

メイン; マレー風カレー、ブロッコリー炒め
デザート; ムース
パン各種; パン、バター
暖かい飲み物; コーヒー、紅茶
ココナッツの効いたチキンカレーでした。
少しスパイシーな味付け、なかなかいけます。


スポンサードリンク

Page: 1 < 2  次の10件>>

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0