機内食で味わう機上のグルメな旅行を紹介。国際線の旅客機に乗ると機内食が楽しみです。機内食、国際空港、各航空会社の自慢の飛行機なども紹介します。

ベトナム航空(VN)

スポンサードリンク

ベトナム航空(ハノイ⇒福岡)機内食 朝食

今回はベトナム、ハノイへの旅行で往復ともベトナム航空を利用しました。

日付 ;2014.12.1
Flight ;VNー356
ハノイ発 ;1:25 
福岡着 ;7:10

【ベトナム航空機内食(ハノイ⇒福岡)朝食】
ベトナム航空  福岡 ハノイ 機内食 朝食

深夜ハノイを出発して、早朝に帰国という便なので、座席に着いたら皆さんすでにお疲れモード、かんたんな飲み物程度はサービスされていましたが、早々にお休みの態勢に入る方がほとんどです。私もすぐに毛布にくるまり目を閉じたのですが、やはりなかなかすぐには寝付けません。
幸い機内は満席ではなく、若干の余裕があったので多少はゆとりが感じられました。

早朝に朝食のサービスが始まります。和食と洋食メユーから選べます。
洋食はよくある卵料理、フルーツ、ヨーグルトだったので、和食にしました。

まず飲み物はトマトジュース。オレンジ、アップルなど他のジュースもあります。希望すればアルコール類もOkですが、さすがに朝起きぬけなので、ビールという気持ちになれず。。

前菜はかまぼこと大根の煮物。う~ん。コメントが思いつかない味。

メインは白身魚の煮付け、小松菜等の野菜添え。しょうゆ味で和風の料理なのですが、おそらくベトナムで作っているために、ちょっと違う!違和感のある味付け。。
決して不味いわけではないのですが、あまり感心しないといいましょうか、微妙です。

漬物として、ピンク色のしょうがの酢漬けも付いてます。こちらも紅ショウガとは違うし、積極的に食べたくなる感じではなかったですね。

フルーツの盛り合わせは、さすがに南国らしく新鮮でこのメニューの中では一番良かったかも。
メロン、スイカなど朝にはうれしいフレシュさ。

和食メニューではありますが、お約束でパンも配られます。ロールパンにバターとイチゴジャム添え。

温かい飲み物はコーヒー、紅茶、緑茶の中から選べます。行きの機内食でコーヒーのおいしさに感激したので、コーヒーをお願いしました。同じコーヒーのはずなのに今回はそれほどおいしいと感じなかったのはなぜでしょう??

深夜の飛行機は、さすがに疲れます。時間を有効に使えるという利点はありますが、いかなる場所でも眠れる特技を身につける必要がありますね。
ともかく無事に旅を終え、ホッとしました。



ベトナム航空(福岡⇒ハノイ)機内食 昼食

今回はベトナム、ハノイへの旅行ではベトナム航空を利用しました。

日付 ;2014.11.28
Flight ;VNー357
福岡発  ;10:30
ハノイ着 ;13:25 

【ベトナム航空機内食(福岡⇒ハノイ)昼食】
ベトナム航空  福岡 ハノイ 機内食 昼食
  

搭乗後しばらくすると昼食の時間帯。
和食と洋食からのチョイスですが、事前に配られたメニュー表(結構立派なものです)をざっと見て、和食に決めました。
ベトナム航空ですし、正直 内容的にはあまり期待はしていませんでした。
でも予想外に満足できるメニューで、うれしい驚きです。

まず袋入りのおつまみ 最近どこかの飛行機で話題になったミックスナッツですね。当方はエコノミー客ですから、袋のまま渡されてもまったく問題なし!!(笑)

飲み物もメニューを見たところ種類豊富、かなり楽しめるラインナップです。
食前酒カンパリやスコッチウイスキー、ウオッカまであります。さらにカクテルはジントニックやブラディーメアリー、スクリュードライバーなどなど。ワイン 赤 白に日本酒、ビール、スパークリングワインもあるよ。ちょっと衝撃的。
ソフトドリンクもコーラやジュース類、結構充実しています。
もちろん無料ですから、お酒好きの方にはうれしいですね。
機内食には珍しいスパークリングワインを飲んでみましたが、お味の方もなかなかです。

前菜はさつまいもと豆のわさびソース和え。さつまいものほのかな甘みとわさびの辛みが好相性。女性が好きな味付けかも。

メインのビーフ、牛の焼肉はしょうゆ味で、満足いくものでした。つけあわせに人参やキヌサヤなどの温野菜と白ご飯も付いています。日本で調理されたものを搭載しているので、なんちゃって和食と違い、納得できる味付けなんですね。
ライスは付いていますが、形式上ソフトロールパンも付いています。(バター添え)

フルーツの盛り合わせはキウイなどが少しずつ。こちらはいたって普通でした。

デザートはロイヤルのスイートポテト。市販品は舟型でサイズが大きいのですが、今回の物は丸型で小ぶりサイズの機内用でした。しかし味は通常販売されているものと同じで、コーヒーとの相性も良かったです。なんといっても、ロイヤルのスイートポテトは昔からの人気ですよね。

食後のコーヒーは機内のコーヒーにしては珍しくおいしくて、思わずお代わりしました。
機内で出るコーヒーはたいていの場合、煮詰まっていたり香りがイマイチだったりで、がっかりなケースがほとんどですが、さすがはコーヒーの国ベトナム。感動しました。
もちろんコーヒーの苦手な方には、紅茶や緑茶なども用意されています。

途中機内がゆれたりしましたが、お食事の時間は滞りなく終了、後は気持ちよくうとうとしながら到着までのひとときを過ごしました。

CAさん達のユニフォームが素敵なアオザイ(民族衣装)なのもポイントが高い!
オバさんとしては、お酒を飲み過ぎたおじさまからのセクハラ被害に遭わないだろうかと、いらぬ心配をしてしまうほど、美しいアオザイ姿でした。

ベトナム航空も日々努力しているのでしょうが、まだまだ機内のエンターテインメントに関しては遅れを取っています。結構長い飛行時間ですが、座席には個別のモニターもないので、映画も楽しめず、ちょっと残念。

社会主義の国だからか、機内販売も全くやる気が感じられず、一応商品カタログ的な冊子は作っていても売る気がないようでした。欲しいと思わせるような品物も見当たらず。。。
とはいえ、久しぶりのベトナム航空の評価は、以前より上がった気がします。



ベトナム航空の歴史

ベトナム旅行が人気のでてきたのは1997年頃からですが、それ以降若い女性がかなりこの地に旅行に出かけるようになり、グルメやショッピングでいろいろなガイドブックでも紹介されています。

ベトナム航空の成り立ちはベトナム航空の前身であるベトナム航空局は1956年に宗主国フランスからハノイ・ザラム航空の返還時に創立されたものです。当時、IL-14, AN-2, Aero-45などの小型機で1956年9月に国内線の運行をスタートしました。

以下、ベトナム航空のサイトより引用して紹介いたします。

引用;ベトナム航空
URL;http://www.vietnamairlines.com/wps/portal/jp/site/home

1993年4月、ベトナム航空は正式に国営のフラッグキャリアとして設立され、大きな転換期を迎える事となりました。そして、1996年5月27日に中核となるベトナム航空と航空関連会社20社からなる"ベトナムエアラインズコーポレーション"が誕生しました。

◆生まれ変わるベトナム航空
2002年10月20日、ベトナム航空は金色のハスをあしらった新しいロゴとワールドクラスの航空会社への目覚ましい発展を象徴するコーポレートアイデンティティを打ち出しました。それはベトナム航空のブランド戦略を一新し、航空関連施設、運行、そして機材の大きな改善の決意を示すものでした。中でも最新鋭機ボーイング777を2003年に初めて自社機として導入したことは、機材の最新化戦略のスタートとなりました。3年後にはベトナム航空は周辺地域で多くの最新鋭機を所有するエアラインの一つとなりました。

◆世界的な航空会社として
15年間の発展の中で、年間平均成長率は10%(アジア地域の金融危機が起こった1997年を除く)、熟練した乗務員によって運行される最新のエアバス機、ボーイング機を所有する フラッグキャリアとして、アジア地域の航空産業の中でも主要航空会社としての地位を確立しました。国内2都市間を結ぶ不定期航空便としてスタートしたベトナム航空は、今ではアメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、アジアの世界26都市、国内では20都市を結ぶネットワークを持っています。2006年、IATAが進める世界的な監査プログラムであるIOSA(IATA Operational Safety Audit)認証を取得し、世界最高権威をもつ航空安全専門評価機関であるAQSの定める厳しい運行基準をクリアしたことによりベトナム航空は国際基準を満たし、正式にIATA(国際航空運送協会)に加盟しました。
2010年6月、ベトナム航空は世界第二の規模となる航空連合スカイチームに正式加盟しました。加盟により、世界水準のサービス提供だけでなく東南アジア地区におけるスカイチームの戦略的パートナーを担う立場となるを確信しております。

◆ベトナム航空のさらなる発展
新興の航空会社として国際的に高い認知度を得たベトナム航空は、B787やA350-900のような最新の環境に配慮した機材をいち早く発注しており、今後導入する予定です。2015年には115機、2020年には170機に上ると予測され、ベトナムの伝統文化を世界に紹介すべくワールドクラスの航空会社への確実な歩みを続けています。


ベトナム航空(ホーチミン⇒福岡)機内食 朝食

ベトナムのホーチミンから福岡へ向かう便は深夜の出発です。そのためバンコクからホーチミン到着からのトランジットタイムは4時間もあり時間をもてあましてしまいますね。

いくらデューティーフリーで買い物を楽しむといってもこれだけ時間があるとすることがなくなってしまいます。

日付 ;2012.10.7
Flight ;VNー350
ホーチミン発; 1:00
福岡着   ; 8:00

ホーチミン⇒福岡の機体はA321-200、この機種は東南アジアの近隣諸国にはよく使われています。乗客の数とか。整備にも使いやすいのでしょう。

【ベトナム航空(ホーチミン⇒福岡)の機体A321-200】ベトナム航空 ホーチミン 機内

【ベトナム航空(ホーチミン⇒福岡)の機内】ベトナム航空 ホーチミン 機内

朝食は和食と洋食の2種から選べます。

【ベトナム航空(ホーチミン⇒福岡)の機内食 朝食】ベトナム航空 ホーチミン 機内食 朝食

【朝食・日本食】
前菜; 野菜の煮物、ニューイヤーサラダ、しば漬け
メイン; 鮭の塩焼き、ご飯
デザート;季節のフルーツ
パン各種; デニッシュ、バター、いちごジャム
暖かい飲み物; コーヒー、紅茶

日本人にとっては海外旅行からの帰りは現地のしょくじにもあきてきているので、日本食の典型ともいえる鮭の塩焼きとご飯はとてもありがたいもの。日本人の乗客はやはりほとんどこの和食を選んでるみたいです。

ベトナム航空にかぎらず同じ時間帯に福岡に到着するシンガポール航空も朝食メニューは日本食の典型ともいえる鮭の塩焼きとご飯になっていまっす。

ちなみに洋食のメニューはこちら。
選んでないので、画像がないのが残念ですが、ご了承ください。

【朝食・洋食&アジアスタイル】
前菜; 季節のフルーツ
メイン; ステアフライポークXO醤、ソースフライヌードルと季節の野菜、麺
パン各種; デニッシュ、バター、いちごジャム
デザート; プレーンヨーグルト
暖かい飲み物; コーヒー、紅茶


ベトナム航空(バンコク⇒ホーチミン)機内食 夕食

バンコクからの戻りもベトナムのホーチミン経由で福岡まで飛びます。
今回もベトナムのホーチミンへはベトナム航空を利用しました。
機体はA321-200、約180人乗り。
ベトナム航空にはボーイングではなくエアバス社が食い込んでるのでしょうか??
ボーイングの機体はほとんど見かけないですね。

日付 ;2012.10.6
Flight ;VNー602
バンコク発 ;19:30
ホーチミン着;21:00

バンコクからホーチミン行きは夕方の便でしたが、ほぼ満席。
ビジネス客も含めて、タイとベトナムの経済的な結びつきもかなりも強いというふうに感じました。

機内への出迎えのCAを記念にパチリ。チーフCAでしょうか、ちょっと恰幅のいい女性でしたが、ベトナム航空の制服、やはりアオザイがいいですね。

【ベトナム航空(バンコク⇒ホーチミン)の機内出迎えのCA】ベトナム航空 ホーチミン 機内

バンコク⇒ホーチミンは飛行時間が1時間ちょっとと短いので、機内食は少な目です。
機内食は1種のみです。麺に味付けがほしかったですね、たとえば焼きそばにするとかするともっと味がアップしたでしょうが、ここはやはりコストを抑えてということでしょう。

【ベトナム航空(バンコク⇒ホーチミン)機内食】ベトナム航空 ホーチミン 機内食

【洋食】
メイン; チキンの照り焼き、青野菜のソティー、麺
パン各種; パン、バター
デザート; 焼き菓子
暖かい飲み物; コーヒー、紅茶


ベトナム航空(ホーチミン⇒バンコク)機内食 夕食

ベトナム航空(ホーチミン⇒バンコク)の機体もA321-200でした。
夕方の便でしたがほぼ満席でした。
ホーチミン⇒バンコクは人の移動が多いのでしょうか、経済的結びつきが強いのか近い国なので労働力の供給元になっているように感じます。

日付 ;2012.10.4
Flight ;VNー603
ホーチミン発;17:00
バンコク着 ;18:30

【ベトナム航空(ホーチミン⇒バンコク)機体はA-321-200】ベトナム航空 ホーチミン A321-800

【ベトナム航空(ホーチミン⇒バンコク)の機内】ベトナム航空 ホーチミン 機内

ホーチミン⇒バンコクは飛行時間が短いので、機内食は少な目です。
機内食は1種のみです。

【ベトナム航空(ホーチミン⇒バンコク)機内食】ベトナム航空 ホーチミン 機内食

【洋食】
メイン; 牛肉の煮込み、青野菜のソティー、御飯
パン各種; フランスパン、バター
デザート; フルーツ盛り合わせ(スイカ、パイナップル、パパイヤ)
暖かい飲み物; コーヒー、紅茶

飛行時間が1時間ちょっとでしたので、あわただしい食事です。味はごく普通。べトナムはフランスの植民地でしたので、パンがとてもおいしく感じます。機内食に使われるパンといえども手抜きせずに作ってくれてるのでしょう。航空会社によっては機内食にまずいパンというのも出されるところが結構ありますからね。

そういえば以前ホーチミンで宿泊した市街の小さなホテル(ボンセン ホテル アネックス/BONG SEN HOPTEL ANNEX)での朝食のフランスパンは種類も多くてとても美味でした。

ベトナムの発展は、ベトナム航空の使用機材の新しさや乗客の多さに現れているように感じます。最近東南アジアではベトナム、カンボジア、ミャンマーが今後の経済発展のめざましい国として注目されています。

国外からの投資や国民の所得水準の向上により、これらの国の航空会社も今後大きく成長していくのでしょうね。


ベトナム航空(福岡⇒ホーチミン)機内食 昼食

3年ほど前にベトナムのホーチミンと福岡を結ぶ直行便が開設され、そのときにキャンペーンがあってはじめてベトナム航空を利用してホーチミンに飛びました。

ベトナム航空の機体の尾翼にあしらわれた蓮の花ゴールデンロータスは極めて特徴的ですが、これはベトナムの人々にとって「知恵と優雅さ」を象徴しているといいます。

今回はベトナムへの旅行ではありませんが、ホーチミン経由でベトナム航空を利用しました。

日付 ;2012.10.4
Flight ;VNー351
福岡発  ;10:00
ホーチミン着 ;13:15 

今回ベトナム航空の機体はエアバスA321-200でしたが、この321型機(184席(ビジネス/エコノミー=16/168)) は、東南アジア、香港、中国及びベトナム国内の主要路線で幅広く使用されています。

この4月より福岡にようやく乗り入れが決まり、早々に利用してみました。今回のベトナムは観光で自由時間が多かったのでとても満喫できました。

行きのホーチミンまではフライトには観光客がメインだったように思います。乗客は座席が半分くらい空席でしたでしょうか、おかげでゆったりとフライトが楽しめました。

【ベトナム航空(福岡⇒ホーチミン)機体はA-321-200】ベトナム航空 ホーチミン A321-800

キャビンアテンダントの制服は赤を基調にしてとてもシックな感じです。制服がアオザイになっていますので、とてもベトナムの雰囲気が出ていますね。

【ベトナム航空(福岡⇒ホーチミン)機内の様子】ベトナム航空 福岡 ホーチミン 機内の様子

福岡⇒ホーチミン間は飛行時間も長く(約5時間15分)ですので、昼食もしっかりしたものがでます。
今回の内容は以下の通りです。

飲み物も種類が豊富で食前酒/スピリッツからカクテル、スパークリングワイン、日本酒、ビール、フルーツジュース、ソフトドリンクまでいろいろなアルコール類もそろっているので結構楽しめます。
飲み物; お茶、コーヒー、紅茶、ジュースなど

ランチも和食と洋食の2種類から選べます。

【ベトナム航空(福岡⇒ホーチミン)機内食 和食】ベトナム航空 福岡 ホーチミン 機内食

【和食】
フルーツ; 盛り合わせ
前菜; 揚げだし豆腐、エビ、金平蓮根、おくらと赤ピーマン添え
メイン; 豚肉のしょうが焼き、温野菜、御飯
パン各種; ソストロール、バター、フルーツジャム
デザート; 博多いも金つば
暖かい飲み物; コーヒー、紅茶、煎茶

【ベトナム航空(福岡⇒ホーチミン)機内食 洋食】ベトナム航空 福岡 ホーチミン 機内食

【洋食】
フルーツ; 盛り合わせ
前菜; リンゴとセロリのサラダ、ビーフパストラミとチェダーチーズ添え
メイン; 魚(メバル)のチリソース炒め、温野菜、御飯
パン各種; ソストロール、バター、フルーツジャム
デザート; ティラミス
暖かい飲み物; コーヒー、紅茶、煎茶

帰りのベトナムから福岡までは出発が深夜の1:00でしたがフライトには乗客はほぼ満席でしたでしょうか、残念ながら機内ではゆっくりと寝ることはできませんでした。


スポンサードリンク

Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0