機内食で味わう機上のグルメな旅行を紹介。国際線の旅客機に乗ると機内食が楽しみです。機内食、国際空港、各航空会社の自慢の飛行機なども紹介します。

中国国際航空機内食(福岡⇒上海)軽食

スポンサードリンク

今回の旅は中国江南地方を周る旅で搭乗しました。
上海~蘇州~同里~無錫~西塘~杭州~上海を6日間で周るのですが、見どころ満載といった感じでした。中国旅行も価格破壊してるようで、人気も高く多くノツアー客の参加がありました。

中国国際航空機内食(福岡⇒上海)軽食を紹介します。

日付 ;2011.6.25
Flight ;CA-916
福岡発 ;15:25
上海着 ;16:10 

【中国国際航空(福岡⇒上海)機内食/軽食】
中国国際航空 機内食

中国国際航空(中国国際)のこの便は昼と夕方の中間でしたので、食事は軽食でした。

メイン; 五目ちらし寿司、
麺類; 冷やしうどん
その他パン
デザート;リンゴ、ブドウ、黄桃

で今回の機内食評価ですが・・・、
いつも気になるのが、折り返しの便でも日本の機内食会社がつくっているのかということ。
上海から福岡へ飛んできて、福岡で新たに機内食を積み込んでいるのか??
それとも上海からは往復の機内食を積んでいるのか??

で結論はよく分かりません。
福岡で搭乗してみて、機内食には中国の缶ビールがでていました。
これはやはり上海の機内食会社から往復ともに積まれていたのかな??
でもちらし寿司がでていて、中国の機内食会社がこういうメニュー作るかというとちがうような感じがしますね。やはり日本の折り返しの都市であらたに積み込んだということでしょう。
つまらないことで悩みました・・・。

◆味;☆☆
ビールは現地地ビールのYAN GING BEER。
中国のビールは日本のものよりアルコール度数が低めです。(3.5%くらい)
残念ながらちょっと酔い心地とホップの苦味が足りませんね。お茶がでました。
ローヤルらしい機内食でしたので、おいしくいただけました。
やはり日本の機内食会社の提供とすると味は良かったです。
日本の会社のつくった冷やしウドンもいい味でした。
外国の現地ケータリング会社のものとは麺類だとやはり違いがわかりますね。

◆見映え;☆☆
今回フライトは正式機内食としてではなく、間食の意味合いでしたが、お寿司の見栄えで星2ツとしました。

◆サービス;☆
サービスは普通~下かな・・・。したがって評価も1ツ星としました。

福岡⇒上海で搭乗した機体はB-737 800です。
わりときれいな機内です。

【中国国際航空(福岡⇒上海)機体B-737 800】
中国国際航空 機体

【中国国際航空(福岡⇒上海)機内】中国国際航空 機内

中国の航空会社のサービスは以前に比べたら大分改善されましたが、それでもCAのサービスなどはまだまだという印象です。

機内での挨拶もそれほど積極的という感じではありません。
まだまだ西側の諸国のレベルまで到達してないようです。

スポンサードリンク

>>> 海外への格安航空券予約はこちらから


関連記事

  1. 中国国際航空機内食(上海⇒福岡)昼食

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 中国国際航空機内食(福岡⇒上海)軽食

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.plastelast.com/mtos/mt-tb.cgi/57

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0