機内食で味わう機上のグルメな旅行を紹介。国際線の旅客機に乗ると機内食が楽しみです。機内食、国際空港、各航空会社の自慢の飛行機なども紹介します。

キャセイ航空(台北-福岡)機内食 普通食 夕食

スポンサードリンク

いよいよ旅から戻る最後のフライトになります、キャセイ航空(台北-福岡)機内食 普通食 夕食です。飛行時間が2時間ほどありますので、サーブもゆったりとしたもので楽しめました。

キャセイ航空の台北-福岡便の最終フライトですし、乗客もほとんど日本人のようですし、このフライトはたいてい中国の乗客が台北で降りてしまうので、搭乗率も50%以下となることが多いようです。

ということで私のお気に入りの帰国便の1つでもあります。

日付 ; 2013.12.4(WED)
Flight ;   CX-510 TPE-FUK Y
台北発 ;  17:50
福岡着 ;  20:50


【キャセイ航空機内食普通食(台北⇒福岡)軽食】
キャセイ航空  台北 福岡 機内食 普通食 夕食

ということで今回旅の最後の便となりました。夕食時間帯ですし、飛行時間も結構あるので今回はきちんとしたディナーのようです。

メイン料理は日本食(チキンとライス)または洋食(パスタ)からの選択です。
ずっとご飯が続いたのでパスタを選びました。

飲み物はワイン、ビール、ジュース、コーラなどごくありきたりなもの。
フレッシュフルーツ(スイカ、パイナップル)にデザートとして台湾名物のパイナップルケーキがついています。よくお土産として売っている市販品です。

パスタは太めのマカロニ ペンネのトマトソースで、具材はエビや白身魚、インゲン、赤ピーマンなど。久しぶりのパスタでしたが、お味の方は少し残念なレベルで、感動はなし。

これでは、他のエアラインに遅れをとってしまいますよ・・・、と厳しい意見もたまには必要ですよね。

【評価】
☆~☆☆ 並み~普通でした。

大体福岡からだと、よく搭乗する航空会社が決まってしまいます。
キャセイ航空、シンガポール航空、中華航空、アシアナ航空・・・。
このなかではやはりシンガポール航空が1歩も2歩も線香しているといったところでしょうかね。

個人的にはキャセイ航空はお気に入りの1つなのでもっと顔晴ってほしいもの。
昔はもっと待遇よかったといういんしょうでしたが、やはりコスト競争は熾烈なのでしょうかね。

スポンサードリンク

>>> 海外への格安航空券予約はこちらから



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0