シンガポール旅行のおいしい旅を紹介します。

シンガポールのグルメ、観光情報

シンガポールは中国やマレー系、インド系の住民の影響から独特の発展をとげています。そのためグルメ、観光などの話題にことかきません。
当サイトは、シンガポール情報提供を目的として作成しました。もちろんグルメや観光情報も、十分を掲載しておきます。 ぜひ、ご利用をご検討ください。
 ここでは、シンガポールについて詳しく記述しますのでご利用ください。

スポンサードリンク

シンガポールのグルメ、観光情報

Hotel Supreme(シュプリーム)

バリ島からの帰りにシンガポールに立ち寄り2泊しました。
Hotel Supreme(シュプリーム)には空港よりタクシーで向かいましたが、通りの名前とホテル名のみでとくに問題もなく夕方到着。

Hotel Supreme(シュプリーム)はオーチャードロード近くでともかく中心部にでるのには抜群の便利のよさです。

ここを予約したのはその宿泊費の安さと立地のみ。
ホテルの設備とかは二の次でしたが、外出ばかりでしたのでただ寝るだけの利用でしたが、お湯は熱いのがちゃんと出ますし、ホテルの造りは古かったですがエアコンも問題なし。部屋はせまかったですが特に大きな不満もありません。

エレベーターも古かったですが全く不安はありませんでした。尚最近ではエレベーターもリフォームでよくなったみたいです。

ホテルでは朝食せず、近くのカフェが早朝からあいているので朝食はホテルの外へ出て行くのが正解です。我々は毎朝ちかくにKAYAトーストの店があったのでそこでおいしいカヤトーストをいただきました。近所の住人も多く、出勤前にここで食事を摂ってから出かけるようです。

唯一の不満は2度、3度と続くホテルのフロントの女性の対応の悪さについカリカリしてしまいました。
とうとう最後の日のチェックアウトするときに怒りが爆発、タクシーを呼んでもらったときの態度の悪さに2度とここには泊まるまいとかんがえずにはいられませんでしたが・・・。ただ次はきっとフロントの女性はきっとやめてることでしょう。(ホテルの支配人が勤務の悪さにやめるように仕向けてることでしょう)

シンガポール航空の機内食2

シンガポール航空の機内食(バリ⇒シンガポール、2010.12月)をレポートします。
以下は 昼食 洋食のセレクションですが、メインがチキンです。(一応2種から選べます。)

【シンガポール航空機内食(昼食編)】
シンガポール航空機内食 昼食

メイン; チキンとポテト、温野菜
デザート; ケーキ
パン各種; パン、バター
暖かい飲み物; コーヒー、紅茶
チキンの中華風トロ味ソースかけのような感じでした。淡白な味付けです。


以下はアジア風のチョイスです

【シンガポール航空機内食(昼食編)】
シンガポール航空機内食 昼食

メイン; 牛肉のチンジャオロース風?とライス、温野菜
デザート; ケーキ
パン各種; パン、バター
暖かい飲み物; コーヒー、紅茶

牛肉のチンジャオロース風は中華風の味付けです。
デザートはミルフィーユのようなケーキでなかなかイケてます。


次にシンガポール航空の機内食(シンガポール⇒福岡、2010.12月)を紹介します。

以下は朝食 和食セレクションのメニューです。

【シンガポール航空機内食(朝食編)~和朝食】
シンガポール航空 機内食 和食

この便は深夜に出発するので、通常は離陸してすぐに食事となることが多いのですが、
朝ごはんとしてのサービスです。

フルーツ; メロン
メイン; 焼き塩鮭、卵焼き、野菜の取り合わせ、御飯
パン各種; ブレックファーストロールの盛り合わせ、バター、フルーツジャム
暖かい飲み物; コーヒー、紅茶、煎茶

写真はありませんが洋食のメニュー(以下)も選択できます。
メイン; スクランブルエッグ、仔牛肉のソーセージ、チェリートマト、ポテト

帰国便では、ほとんどの日本人は和食を選ぶようです。
今回もまわりの乗客をのぞくとやはり圧倒的に和食をリクエストしていました。

塩鮭など和朝食の定番ですが、帰国便ではいっそうありがたみが増します。御飯には梅干付きです。和食にもパンがついてましたが、これは要らないかも。

シンガポールフライヤーは楽しめるぞ!!

すっかりシンガポールの観光名所になっているシンガポールフライヤーに乗ってきました。

シンガポールフライヤーは、2008年に誕生した世界最大級の観覧車です。
マリーナエリアにあり、遠くはマレーシアやインドネシアまで見渡せ、
人気の観光スポットとなっています。

1周を約30分かけてまわります。受付は随時で、すいてる時であれば、待たずに
すぐに乗り込めます。
カプセルは28人乗りですが、私が行った日には1カプセルに5名ほどでした。

最高165メートルまで上がっていき、360度の眺めは感動ものです。
上から眺めてみると、改めてシンガポールってきれいな都市(国)だな~と実感できます。
ラストフライトは22時なので、夜景を楽しむのも良いですね。

観覧車の基部に建つ3階建てのビルの中には、ショップやレストランなどが入っています。
1周して降りたところには、お土産やさんがあり各種グッズがずらっと揃っていました。

ちょっと交通の便が悪いのが難点ですが、一度乗ってみる価値はあると思いますよ。。

【シンガポールフライヤーの風景】
シンガポールフライヤー

【シンガポールフライヤーの風景】
シンガポールフライヤー

【シンガポールフライヤーの風景】
シンガポールフライヤー

【シンガポールフライヤーの風景】
シンガポールフライヤー

【シンガポールフライヤーの風景】
シンガポールフライヤー

【シンガポールフライヤーの風景】
シンガポールフライヤー

【シンガポールフライヤーの風景】
シンガポールフライヤー

【シンガポールフライヤーの風景】
シンガポールフライヤー

【シンガポールフライヤーの風景】
シンガポールフライヤー

【シンガポールに関する新着情報】

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0