• 機内食で味わう機上のグルメな旅行を紹介。国際線の旅客機に乗ると機内食が楽しみです。機内食、国際空港、各航空会社の自慢の飛行機なども紹介します。

シンガポール航空機内食(福岡⇒シンガポール)昼食

シンガポール航空の機内食を紹介します。
シンガポール航空はエアーライン・オブ・ザ・イヤーの常連のため、機内食もバラエティー豊かで人気です。
最近こそアシアナ航空がNo.1の座を獲得となりましたが、それでも人気の上位を占めており、食事 飲み物ともに充実しています。
シンガポール航空の機内食(福岡⇒シンガポール、2010.11月)を紹介します。
以下は昼食 和食セレクションのメニューです。
日付 ; 2010.11.27
Flight     ;SQ-655
福岡発    ;10:10
シンガポール着;15:40
【シンガポール航空機内食(昼食編)~和食】
シンガポール航空 機内食 和食
前菜; 前菜盛り合わせ
麺類; 冷たい季節の麺
メイン; さんまの梅煮、金時豆、卵とほうれん草の炒め物、切り干し大根、鰆のそぼろ御飯
軽食; 小菓子
デザート; アイスクリーム
パン各種; パン、バター
暖かい飲み物; 煎茶
冷たい飲み物; ウーロン茶
エコノミーにもかかわらず種類が豊富ですね。今回は京都「菊乃井」村田吉弘氏のオリジナルということですが、お味のほうも納得でした。
エコノミークラスにしてこの内容ですから、やはりサスガという感じ。
【シンガポール航空機内食(昼食編)~洋食】
シンガポール航空機内食 洋食
洋食の内容は以下のとおり
前菜; 魚介類盛り合わせ、ミックスサラダとグレープフルーツ添え
メイン; 牛肉のブレゼ(ビーフシチュー)、季節の野菜、リンギーネヌードル
チーズ; チーズとクラッカー
デザート; アイスクリーム
パン各種; パン、バター
暖かい飲み物; コーヒー、紅茶
このビーフシチューは結構いけます、本格的でした。
機内食のよしあしはパンを食べるとわかります。総じてパンの美味しい機内食にハズレなしと言えるでしょう。

コメントを残す